(03年女児不明)自宅近く男と車に 大阪府警が最有力視

大阪府熊取町で2003年、当時小学4年の吉川友梨さんが行方不明になった事件で、自宅近くに止まっていた白色のトヨタ「クラウン」に、男と小学生くらいの女児が乗っているのを、別の車の運転手が目撃していたことが、捜査関係者への取材で分かった。この男ににらまれた際、助手席でうつむく女児を見たという。行方不明になった直後とみられる。事件から今月20日で丸15年。大阪府警はこの目撃を最有力視しており、車の女児が友梨さんとみている。捜査関係者によると、友梨さんの自宅から南西に約300メートル離れた丁字路にクラウンが止まっていた。対向車のタクシーが迫っていたため、目撃者は最徐行しながら追い越した際、「邪魔だな」と思って左側のクラウンを見ると運転席の男と目が合い、にらまれた。助手席には、白い服を着た小学生くらいの女児がうつむいて座っていたという。事件当日、友梨さんは制服の白いブラウスに紺のスカート姿。黄色のリュックを背負い、遠足を終えて普段より30分ほど早く下校していた。目撃者はクラウンに乗っていた女児を見た後、丁字路の先でリュックを背負った遠足帰りの他の児童も確認している。この目撃情報は事件から10年後の13年5月に府警に寄せられたが、それ以前に白色の不審車両の目撃情報が複数あり、府警は目撃の信ぴょう性が高いと判断した。友梨さんは、一緒に下校していた女児3人と別れた後、自宅から約400メートルの地点で自転車に乗った同級生の男児とすれ違ったのを最後に足取りが分かっていない。自宅から約200メートルの商店の前には、友梨さんの顔見知りを含めた複数の大人がいたが、友梨さんを見た人はいない。府警は、男児の最終目撃地点から商店までの間で、友梨さんが連れ去られたとみている。女児が乗っていたクラウンはこの区間に止まっていた。目撃ではクラウンは角張った車体が特徴で、府警は1983~90年製の旧型と判断。対象車両約2300台について、所有者の割り出しなどを進めている。出典:yahooニュース

連れ去られたとみられる現場周辺

最近の報道

wpmaster

シェアする