弟を切断 姉に懲役10年の判決

出典:Nスタ

千葉県酒々井町の自宅で2016年、同居していた弟を殺害して遺体を切断したなどとして、殺人と死体損壊・遺棄などの罪に問われた竹内愛美被告(26)の裁判員裁判で、千葉地裁は5日、殺意を認めず、傷害致死と死体損壊・遺棄などの罪で懲役10年(求刑懲役18年)を言い渡した。高木順子裁判長は判決理由で、弟の諒さん=当時(21)=を包丁で刺すなどの行為について「死を招くと認識していたとの証拠はない」として殺意を否定。一方、弁護側が主張していた正当防衛は「体格差があるのに、被告はほとんど負傷していない」などと退けた。「包丁を使用した犯行で、極めて危険だ」とも指摘。のこぎりやハンマーなどを使った遺体の切断は「死者の尊厳を顧みず、身勝手だ」と批判した。 千葉地検の互敦史次席検事は「判決内容を精査し、適切に対処したい」とコメントした。判決によると、竹内被告は16年8月31日、諒さんを包丁で刺すなどして死亡させ、同年9月12日までの間、遺体を切断し冷蔵庫内に隠すなどした出典:SANSPO.COM

容疑者の詳しい情報

・氏名:竹内愛美

・生年月日:(26歳)

・出身地:情報が入り次第更新します。

・職業:アルバイト店員(事件当時)

・住所:千葉県酒々井町上本佐倉1丁目

・SNS関係:本人と断定できるものはありませんでした。情報が入り次第更新します。

被害者の詳しい情報

・氏名:竹内諒

・生年月日:(21歳)

・出身地:情報が入り次第更新します。

・職業:情報が入り次第更新します。

・住所:千葉県酒々井町上本佐倉1丁目

・SNS関係

Twitter:名無しさん@音ゲー部屋@darkjubeat(現在は凍結済み)

事件現場・自宅周辺

実際の報道

wpmaster

シェアする