時速235キロで走行容疑、会社員の男逮捕 過去最高速の検挙例か

出典:NEWA+α

中央自動車道の法定速度が時速100キロの区間を、外国製スポーツカーで、時速235キロで走行したとして、警視庁交通執行課は1日、道交法違反(速度超過)の疑いで、東京都世田谷区、会社員白井良宗容疑者(41)を逮捕した。交通執行課によると、白井容疑者が乗っていたのは、米国製の「ダッジ・チャレンジャー」と呼ばれるスポーツカーで、排気量は6400cc。スピード違反の摘発では、全国で最高の速度とみられる。逮捕容疑は16年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市内の中央自動車道上り線で、時速235キロを出して車を運転した疑い。交通執行課によると、現場の速度違反取り締まり装置が検知し、事件が発覚。白井容疑者は「(装置の映像が)自分かどうか分からないので認めません」と容疑を否認している。車両前方のナンバープレートが外されており、交通執行課は、道路運送車両法違反容疑でも書類送検する方針。出典:SANSPO.COM

容疑者の詳しい情報

・氏名:白井良宗

・生年月日:(41歳)

・出身地:情報が入り次第更新します。

・職業:会社員

・住所:東京都世田谷区

・SNS関係:本人と断定できるものはありませんでした。情報が入り次第更新します。

 

容疑者が乗っていた車

出典:Creative Trend

エンジン種類 V型8気筒OHV
エンジン排気量(L) 6.4
最大出力(PS/rpm) 485/6,100
最大トルク(N・m/rpm) 475/4,200
トランスミッション 6速MT、(オプション:8速AT)
駆動方式 FR
車両重量(kg) 1,919 1,940
燃費性能(km/L) 街乗り 6
高速道路 9.8

出典:初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

容疑者自宅周辺

 

実際の報道

wpmaster

シェアする